株式会社セルコ Save the Earth & Regain COmmunications

現在の位置: トップページの中の情報通信トップページの中のコンテンツマネージメントシステム(CMS)導入

コンテンツマネージメントシステム(CMS)導入

インターネットが日常にとけ込んだ現在、自治体ホームページは市民との非常に重要な接点と考えられます。よって自治体側はより充実したサイト公開を求められますが、その役割の大きさに比例して情報量は増大し、担当者の負担も高まります。

そこで当社では、制作経験の無い方でも簡単にホームページが作成でき、デザインやレイアウトも一元的に管理できるコンテンツマネージメントシステム(CMS)を開発しました。

自治体サイトに特化したセルコのCMS「Exis Manager」についてはこちらよりご覧ください。

CMSとは

ウェブサイトを構成するテキストや画像、デザイン情報等を一元管理し、編集、配信までを一貫して行うシステムです。

【CMSを導入するメリット】

  1. 簡単で素早く便利なサイトの更新
  2. ホームページランニングコストの軽減
  3. ウェブコンテンツJISに対応/アクセシビリティの強化
  4. 見やすいデザイン・レイアウトで統一したサイトを実現
  5. 公開承認システムで安心確実な情報公開
  6. ウェブ上の管理画面で作業状態を把握
  7. アクセス制限によりセキュリティを確保

【こんなサイト運営に最適】

  1. 情報量が多く大規模
  2. 更新頻度が高い
  3. 複数の作成者がいる
  4. 承認体制を確立したい
  5. 手間とコストを削減したい
  6. 更新は自動で管理したい

1.簡便なサイト更新<作業負担を大幅軽減!>

サイト更新イメージHTMLの知識が無くても定形フォーマットに沿って入力・選択するだけの簡単な手順でページを作成できます。

作業は入力から登録まで全てブラウザ上で行うので、手間無く迅速な情報更新が可能です。

データはデータベースで一元管理されるので、同じ情報を携帯版でも流用でき、作業の短縮化、管理の容易化をはかります。

2.ランニングコストの軽減

CMSは、安価・高機能・簡単操作を実現しています。作業負担が軽減されることで、更新に費やす人材費の減少にもつながり、年間のランニングコストを大きく削減することが可能となります。

3.ウェブコンテンツJISに対応した画面の提供

エラー画面イメージ生成用の雛形はアクセシビリティ(JIS X 8341-3)に準拠したものをご用意します。加えて、作成画面上で画像代替説明の有無や機種依存文字の使用等、各種チェックを行うので個々の作成者に専門知識が無くても結果的にアクセシビリティの高いページが完成します。

4.見やすいデザインでレイアウトを統一!

テンプレートデザインは、数々のパターンから選択いただけます。配色や市章の使用等、セミカスタマイズが可能です。サイト内、統一したデザインでユーザビリティを高めます。

5.公開承認システムで安心確実な情報公開

作成ページは管理者から承認を経て公開される仕組みなので、内容不備によるトラブルを防ぐことができます。役割ごとの権限設定、管轄ごとの承認設定が可能なので運用管理が楽で確実なものとなります。

公開開始と終了は予め指定した日時にシステムが行うので人が待機する必要がなくなり、公開を忘れるといったミスも防ぎます。

6. ウェブ上の管理画面で作業状態を把握

管理画面イメージ登録された内容はタイトルで一覧化されます。分類やキーワード等で検索ができるのでレビューも素早く効率的です。

承認状況や作成担当者、公開日等の各種情報もこの一覧で一目瞭然です。

7.アクセス制限によりセキュリティを確保

IDとパスワードで運用者を限定できます。組織ごとにアクセス制限を設けることが可能です。

CMSでの作業の流れ

ページを作成(作成者)

定形フォームに従いテキストや画像を登録

ページをプレビュー確認し、問題が無ければ承認者へ公開を申請

公開を承認(承認者)

登録内容を確認し、問題が無ければ承認

(注)承認者の階層を複数設けることも可能

ウェブ上に公開

指定日程で公開

(注)公開開始・終了ともシステムが自動で行います

▲このページのトップへ戻る

株式会社セルコ 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目5番2号 電話:03-3406-1724 ファクス:03-3406-1595